生うに 北海道の松前より取れたてピチピチの新鮮な生の殻付きウニを北海道からご自宅まで通販にてお届けします。

天然 殻付き生うに 通販

2021年の殻付きウニの受付は終了致しました。
木箱入りの生ウニと塩水生ウニは8月31日までご注文受付中です。
⇒他の生ウニはこちら

お届けする生ウニは、まれにですが中身が詰まっていない場合もございます。獲れたてを殻付きのまま発送しますので、中身の確認をとることが出来ません。また、お届け時にはウニが動かないこともございますので、ご理解・ご了承のうえご注文お願い致します。

【殻付き生うにを購入のお客様より♪】

 割ってそのまま食べて、
 その美味しさに感激!

 炭火で焼き(蒸)ウニにしても、
 またまた美味しくて感激!

 市場でもなかなか見られない殻付きうには、
 非常に喜んでくれました。


岩から特殊な道具を使って摘み取った、
生きているウニ。

この鮮度は水揚げ後すぐに産地直送ができる
上野屋ならではです。
箱をあけた瞬間に、ぎっしりと詰まった殻付きの
ウニたちを見たら、感動すること間違いなし。

贈り物としても喜ばれること間違いなしです^^

今が旬の生うに。
松前浜で食べる風味を、ぜひ感じてください!


漁師さんも大忙し

シケが多く、月に作業ができる日数も限られているのですが、潮流の速い津軽海峡だから良質のおいしい海草を食べて育った、最高級の殻付きのキタムラサキウニを、通販でお届けいたします。

松前で獲れる昆布は細目昆布と言い、粘りが強くて柔らかく、食用に向いているためウニにとっても格好の食料なんです。

さらに松前は、流れの速い津軽海峡の日本海側の入り口にあり、津軽海峡の急流にもまれて育つため、身が大きい割りに甘みが強く、バフンウニにも引けをとりません。


 



好きな人にはこれ以上ないご馳走の生ウニも、
「ウニは苦手」と言う人が結構多いのも事実。
「あの独特の苦味がダメ」と言う方、
きっと最初に食べたウニの印象が悪かったのでしょう。

うにはむき身にすると溶けやすく味が落ちやすいので
一般に出回るウニは、型崩れを防ぎ、
保存料の役目をする明礬(ミョウバン)という薬を使います。
実はこのミョウバンが苦く、薬臭い原因になっています。

「本来のウニは甘いんです。」
特に北海道のうには粘りが少なくサラッとしていて、
とにかくクセがなく美味しいと評判です。

とれたての殻付き生ウニを食べて、
ウニが大好きになったという方がいっぱい!
ぜひ本当のウニの味を知ってください。


ご家庭でお召し上がりいただくのは勿論、
会社のイベントやパーティーを盛り上げるお料理に

殻付き極上「生」うにはいかがでしょうか?


殻付きウニは水揚げ後にすぐ発送
内容量1kg(9~10個)※3kg(27~30個)※5kg(45~50個)※
価格(税込)2,660円7,980円13,300円

※上記のうにの個数は参考数量になります。
表示個数より前後する場合もございますので予めご了承くださいませ。


殻付きウニは水揚げ後にすぐ発送


2021年の殻付きウニの受付は終了致しました。
木箱入りの生ウニと塩水生ウニは8月31日までご注文受付中です。
⇒他の生ウニはこちら

お届けする生ウニは、まれにですが中身が詰まっていない場合もございます。獲れたてを殻付きのまま発送しますので、中身の確認をとることが出来ません。また、お届け時にはウニが動かないこともございますので、ご理解・ご了承のうえご注文頂きますようお願い申し上げます。




生ウニはこうやってお届けします。

生ウニの発送方法


ウニのさばき方

【用意するモノ】
・ボール ・ザル ・包丁 ・お箸 ・穴あきおたま
・軍手又は厚手のゴム手袋  ・小さいスプーン(柄が長いもの)


【捌き方】

1. 真水1リットルと塩33gをボール入れて溶かし人工海水を造ります。

2. 先ほどのボールに目の小さいザルなどを1個入れます。

3. 殻付きうには写真①の様に置き、上部左右対称約45°の角度で包丁を入れてこじ開ける様にすると半分に割れます。
※殻割りをする際は、軍手かゴム手袋を使用して下さい。

4. できるだけ小さいスプーンで割った殻の中から中身を全部ザルの中に落としてください。(写真②)
※注意 うにの身が柔らかいので丁寧に!

5. 全部取り出したら割り箸で茶色の内蔵部分を取り除きます。(写真③)

6. 最後に穴あきおたまでザルを浮き沈みさせながらウニの身をすくい上げます。

後はウニ丼、お刺身等に色々と工夫して調理して下さい。
※生物ですからできるだけ早めにお召し上がり下さい。


生ウニはこうやってお届けします。

【生ウニの保存方法】

●殻つきの場合は、海からあげて冷蔵で3日が限度です。
例:道内、関東は着日から翌日、関西以南は着日から当日が目安の限度です。

●殻から身を取り出して冷蔵保管する場合は、塩水につけてから3日以内にお召し上がりください。

生ウニはこうやってお届けします。

生うに 北海道の松前より取れたてピチピチの新鮮な生の殻付きウニを北海道からご自宅まで通販にてお届けします。

天然 殻付き生うに 通販

2021年の殻付きウニの受付は終了致しました。木箱入りの生ウニと塩水生ウニは8月31日までご注文受付中です。
⇒他の生ウニはこちら


お届けする生ウニは、まれにですが中身が詰まっていない場合もございます。獲れたてを殻付きのまま発送しますので、中身の確認をとることが出来ません。また、お届け時にはウニが動かないこともございますので、ご理解・ご了承のうえご注文頂きますようお願い申し上げます。

【殻付き生うにを購入のお客様より】

割ってそのまま食べて、
その美味しさに感激!

炭火で焼き(蒸)ウニにしても、
またまた美味しくて感激!

市場でもなかなか見ることができない殻付きうには、非常に喜んでくれました。

殻付き生うに購入のお客様より♪

届いたウニは、とげが動いて活きていたので、さっそく慣れない手つきで捌き作業を開始! 思った以上に大量にとれ、妻と二人で夕食と翌日朝食は刺身&ウニ丼でいただきました。 新鮮でほのかに甘く、しかも贅沢にたっぷり味わえて大満足です♪

早速、生きたウニを殻から剥くという貴重な体験をさせて頂きました。ウニの口を見るのも初めてだった為、恐る恐るの作業になってしまいましたが(笑)生ウニは刺身として頂きました。あれほど新鮮なウニを食べたのは初めてです。バターのようにコクがありながらスッキリとした味わいで、とっても甘くて、本当に美味しかった。

ウニも生きていて身もしっかり入っているものが多く、甘くて美味しかったです。ウニ好きなお友達にも差し上げたところ、甘くてこんなに大きいのは初めてと大好評でした。ありがとうございました。

割りたてのウニは全く臭みも嫌味もなく、甘くて美味しいです。 そこらで売っているウニは不味くて食べられません。 お値段も割と手ごろで、中国地方ですが生きたまま届きました。

妻がウニ大好物なのですが、スーパーなどに売っているウニはミョウバン臭くて味もイマイチ。 地元の市場でもなかなか見ることが出来ない殻付きのウニは、非常に喜んでくれました。


殻付きウニは水揚げ後にすぐ発送
漁師さんも大忙し

シケが多く、月に作業ができる日数も限られているのですが、潮流の速い津軽海峡だから良質のおいしい海草をたべた最高級の殻付きキタムラサキウニを通販でお届けいたします。

松前で獲れる昆布は細目昆布と言い、粘りが強くて柔らかく、食用に向いているためウニにとっても格好の食料なんです。

さらに松前は、流れの速い津軽海峡の日本海側の入り口にあり、津軽海峡の急流にもまれて育つため、身が大きい割りに甘みが強く、バフンウニにも引けをとりません。


 

殻付きウニは食通も納得の甘み

ご家庭でお召し上がりいただくのは勿論、会社のイベントやパーティーを盛り上げるお料理に

殻付き生うにはいかがでしょうか?

殻付きウニは水揚げ後にすぐ発送
内容量1kg(9~10個)※3kg(27~30個)※5kg(45~50個)※
価格(税込)2,660円7,980円13,300円

※上記のうにの個数は参考数量になります。表示個数より前後する場合もございますので予めご了承くださいませ。



殻付きウニは水揚げ後にすぐ発送

2021年の殻付きウニの受付は終了致しました。木箱入りの生ウニと塩水生ウニは8月31日までご注文受付中です。
⇒他の生ウニはこちら

お届けする生ウニは、まれにですが中身が詰まっていない場合もございます。獲れたてを殻付きのまま発送しますので、中身の確認をとることが出来ません。また、お届け時にはウニが動かないこともございますので、ご理解・ご了承のうえご注文頂きますようお願い申し上げます。


生ウニはこうやってお届けします。

生ウニの発送方法


ウニのさばき方

【用意するモノ】
・ボール ・ザル ・包丁 ・お箸 ・穴あきおたま
・軍手又は厚手のゴム手袋  ・小さいスプーン(柄が長いもの)


【捌き方】

1. 真水1リットルと塩33gをボール入れて溶かし人工海水を造ります。

2. 先ほどのボールに目の小さいザルなどを1個入れます。

3. 殻付きうには写真①の様に置き、上部左右対称約45°の角度で包丁を入れてこじ開ける様にすると半分に割れます。
※殻割りをする際は、軍手かゴム手袋を使用して下さい。

4. できるだけ小さいスプーンで割った殻の中から中身を全部ザルの中に落としてください。(写真②)
※注意 身が柔らかいので丁寧に!

5. 全部取り出したら割り箸で茶色の内蔵部分を取り除きます。(写真③)

6. 最後に穴あきおたまでザルを浮き沈みさせながら身をすくい上げます。

後はウニ丼、お刺身等に色々と工夫して調理して下さい。
※生物ですからできるだけ早めにお召し上がり下さい。


生ウニはこうやってお届けします。

【保存方法】

●殻つきの場合は、海からあげて冷蔵で3日が限度です。
例:道内、関東は着日から翌日、関西以南は着日から当日が目安の限度です。

●殻から身を取り出して冷蔵保管する場合は、塩水につけてから3日以内にお召し上がりください。

生ウニはこうやってお届けします。